タグ: Oru

【開催レポート2】神石高原町で実現したいワーケーションとは?_(仮称)神石高原ワーケーション・ラボ:プレセッション2(6/4開催)

今年6月から始まる(仮称)神石高原ワーケーション・ラボのプレセッションを6月4日に開催しました!神石高原ワーケーション・ラボは、神石高原町を舞台にした「これからのワーケーション」をつくっていく学び合いと実践のコミュニティです。詳細はレポートをご覧ください。

【開催レポート】神石高原町で実現したいワーケーションとは?_(仮称)神石高原ワーケーション・ラボ:プレセッション(5/31開催)

今年6月から始まる(仮称)神石高原ワーケーション・ラボのプレセッションを5月31日に開催しました!神石高原ワーケーション・ラボは、神石高原町を舞台にした「これからのワーケーション」をつくっていく学び合いと実践のコミュニティです。詳細はレポートをご覧ください。

【開催レポート】オンラインMeet Upからの神石高原リアル訪問(4/23-24開催)

オンラインMeetUpをきっかけに、有志で、神石高原町をリアル訪問してきました。
「町民8500人、全員変人の町です。(笑)」と町の方に2度言われ、異色の商品や素材に触れるなど、神石高原町の魅力を堪能してきました。詳細はレポートをご覧ください。(2022年4月23日(土)、24日(日)開催)

【開催レポート】神石高原ワーケーション×せとうちMeet up 神石高原ワーケーション×せとうちMeet up 5年後に売り場から野菜が消える!〜農業の抱える問題が直撃する道の駅が考える次の一手〜(2/26開催)

ワーケーションに最適な町、神石高原町。町内の様々な活動や課題について、里山資本主義の生みの親である藻谷浩介さんの解説を交えて参加者のみなさんと考えるプレワーケーション・オンラインツアーのシリーズ第2回を開催しました。(主催:神石高原町)

【開催レポート】Weave年末年越しダイアログ「リアルな対話や交流・体験を大事にしたい(~これからの地域のサードプレイスについて~)」(12/30開催)

2021年12月30日(土)19時より、Weave年末年越しダイアログ「リアルな対話や交流・体験を大事にしたい(~これからの地域のサードプレイスについて~)」を開催しました。今回は、オンラインとリアル空間の場を繋いでのハイブリッド開催となりました。また、ゲストスピーカーとして、ONOMICHI SHAREの後藤さん、umbrellaの桒田さんを迎えてのダイアログとなりました。

【開催レポート】神石高原ワーケーション×せとうちMeet up 「伝統の麹蓋製法の味噌蔵を後世に伝えたい」 〜あと一ヶ月で潰れるはずだった神龍味噌を復活させた訳〜(1/15開催)

ワーケーションに最適な町、神石高原町。町内の様々な活動や課題について、里山資本主義の生みの親である藻谷浩介さんの解説を交えてみなさんと一緒に考え、ディスカッションしていくプレワーケーション・オンラインツアーのシリーズ第1回を2022年1月15日(土)に開催しました。(主催:神石高原町 企画運営:NPO法人nina 一般社団法人Weave)

神石高原ワーケーション×せとうちMeet up が始まります!

ワーケーションには最適な高原の町にある様々な活動や課題について、
里山資本主義の生みの親である藻谷浩介さんの解説も交えてみなさんと一緒に考え、ディスカッションしていく、
プレワーケーション・オンラインツアーのシリーズです。

12/30夜開催:Weave年末年越しダイアログ「リアルな対話や交流・体験を大事にしたい(~これからの地域のサードプレイスについて~)」

オンラインやバーチャルでの交流が一般化しつつありますが、そんな今、改めて、リアルな対話や交流・体験やそのための場の価値・必要性について、考えます。福山・尾道で活躍されているゲストのお話やWeaveのワークスペース「Oru」のことなど、諸々、対話を進めていきます。

4/3(土)19:00~開催!Weaversメンバーシップ説明会

エリアやセクターなどの従来の領域を超えたつながりによる未来共創のメンバーシップ「Weavers」の経緯や内容、これからの進め方についてのご説明、意見交換を行うショートセッションをオンライン(Zoom)にて開催いたします。

3/12開催!  Weavers Voice!(オープン版)~ニッチでスモールな事業環境を、ゆる~く考える雑談会 Vol.2~

新型コロナをはじめとして、私たちの生活が様々な変化に見舞われる中、その変化に適応し、生活を豊かにするために、どんな働き方があるかなどについて、ニッチでスモールな事業環境に焦点を当て、新たな繋がりをつくりながら,ゆる~く話し合う対話の場です。ぜひ、ご参加ください。